注意するポイントを意識しよう

スマホでもできる本格的な写真撮影テクニック

>

シンプルな背景を用意する

背景や床を綺麗にしよう

汚い背景では、被写体を綺麗に写すこともができません。
シンプルな背景を見つけて、撮影に臨んでください。
白い背景は、ほとんどの被写体を綺麗に写すことができます。
自宅の壁が広い人は、そこで撮影すればスマホでも綺麗に撮れるでしょう。
模様がついている壁の場合は、利用できないので自分で背景を作ってください。

白い紙を立てかけるだけで、背景に使えます。
同じように、白い紙を敷くと背景に理容できます。
床に色や模様がついていて、撮影に向いていないかもしれません。
白い紙を敷いて、撮影にふさわしい状態を作ってください。
特殊な紙を用意する必要はないので、誰でも撮影にふさわしい環境を作れるはずです。
背景や床を工夫しましょう。

綺麗に見える角度を探そう

被写体によって、綺麗に見える角度があります。
それを探すことも、スマホで綺麗な写真を撮るコツです。
正面から写真を撮る人が多いと思います。
ですが、ただ正面から撮った写真はおもしろくありません。
横や上から撮影してみてください。
すると異なる被写体の魅力に気付くと思います。
特に、飲食物は真上や斜め上から撮影するのが良いと言われています。

飲食物を撮影する際は、おいしそうに見せなければいけません。
また、近づいて撮影するのがおすすめの方法です。
アップで撮影すると、飲食物がおいしそうに見えます。
様々な角度から撮影して、最もおいしそうに見える角度を見つけてください。
人を撮影する時も斜め上から撮影すると綺麗に撮れます。


この記事をシェアする