注意するポイントを意識しよう

スマホでもできる本格的な写真撮影テクニック

>

光によって写真が変わる

明るい写真を目指そう

写真を上手く撮れない時は、光に問題がある可能性が高いです。
光を調整することで、綺麗な写真を撮ることができます。
暗い場所で撮影する場合は、光を明るくしてください。
逆に、すでに明るい場所で撮影することがあると思います。
その場合は、明るくしすぎると画面が白くなって、被写体の姿が見えなくなってしまいます。
周囲が明るい際は、光をあまり当てないように注意しましょう。

何度か撮影すると、ちょうど良い光の量が分かります。
初心者は、1回目の撮影で綺麗な写真を撮れると思わないでください。
繰り返して撮影することが大事です。
すると経験が積み重なります。
次第に、周囲の様子を見ただけで、必要な光の量をすばやく判断で切るようになるでしょう。

太陽の光がおすすめ

人工的な光では、明るすぎたり白すぎたりして、上手く撮影できないケース会が多いです。
スマホで写真撮影をする際は、なるべく人工的な光を使わないように心がけてください。
おすすめは、太陽の光です。
太陽の光なら自然な明るさを演出してくれるので、柔らかい印象の写真を撮ることができます。
窓際に被写体を置くと、綺麗に太陽の光が入ります。

被写体を置く場所も考えてください。
屋外で撮影すると、光が当たりすぎてしまう可能性があります。
室内で撮影するのが、綺麗に撮るポイントです。
日中に撮影できるように、スケジュールを考えてください。
昼間でも天気が悪い日は、太陽の光を利用できません。
天気が良い日を調べて、撮影の日にしてください。


この記事をシェアする